無制限WiFiにはクーリングオフ(初期契約解除制度)があります。

「商品」を受領した日から起算して8日以内に、無制限WiFiサービス提供会社までご連絡いただければ契約解除を行うことが出来ます。

無制限WiFiにクーリングオフがありますので、万が一想像していたのと違った場合は、すぐに解約をできます。

無制限WiFiのクーリングオフ(初期契約解除制度)とは?

初期契約解除制度とは、対象となる電気通信サービス契約について、契約書面の受領日(または開通日)から 8 日が経過するまでの間、利用者が契約を解除できるとする制度です。

特定商取引法で規定されているクーリング・オフ制度(以下、クーリング・オフ)と同様、電気通信サービス契約について利用者による無条件の解除権(民事効)を認めた規定ですが、クーリング・オフと比較して、解除に伴い利用者に経済的負担が生じ得ること(ただし上限額あり)、対面販売や通信販売による場合も初期契約解除が可能、などの違いがあります。

参考:無制限WiFi初期契約解除制度

無制限WiFiの初期契約解除の発送期限は8日以内

初期契約解除における無制限WiFiの申請書や端末の発送の期限は8日以内です。到着期限ではありませんので、2月1日に商品が届いた場合は2月8日に発送しても大丈夫です。

無制限WiFi初期契約解除を利用する理由

無制限WiFiは商品を受け取ってから8日以内なら、電気事業法の「初期契約解除制度」で違約金不要で解約することができます。

参考:電気通信事業分野における消費者保護施策

・利用してみて電波が悪い
・通信速度が遅い
・通信が不安定
・何度も回線が途切れる
・ホームページで謳ってる内容と違う

無制限WiFiを利用してみて不満がある場合、初期契約解除制度を活用して無料で解約することができます。

初期契約解除はいかなる理由も受付されます。これは電気通信事業法で定められていることなので、無制限WiFi提供会社はどこも初期契約解除を受け付ける義務があり拒否することはできません。

初期契約解除制度を使った場合にかかる金額は、初期費用の3,000円のみです。月額料金が引き落とし済みでも返金されます。

8日を過ぎると高い違約金が発生しますので、8日以内の決断をしましょう。

無制限WiFiの初期契約解除の受付をする

無制限WiFiの初期契約解除の受付は、会社により異なりますが一般的に「申請フォーム」と「電話」の2つの方法があります。

契約解約申請フォームでの解約は、「無制限WiFiのお客様ページ」から申し込むことができます。

電話の場合は、担当オペレーターに「解約を希望である旨」と「ユーザー情報」を伝えると、解約の処理が完了します。」

「申請フォーム」がなく電話で対応の会社もあります。

無制限WiFiの初期契約解除は違約金なし縛りなしの会社でも可能?

無制限WiFiの初期契約解除は、「最低利用期間1ヵ月間」「違約金なし」の会社でも可能です。

8日以内に返却で月額料金を支払わなくて済みます。しかし、初期費用だけ支払いの義務が生じます。

無制限WiFi初期契約解除方法

無制限WiFiの初期契約解除方法を紹介していきます。

申請方法

指定のフォーマットまたはお客様ご用意の紙面に必要事項を記載し、端末一式に同梱の上、無制限WiFi提供会社サポートセンターへお送りください。

<必要事項>
・サービス契約書面に記載の契約ID
・契約者名
・契約電話番号
・契約者住所

<フォーマット>
初期契約解除申請書
※お客様ご用意の紙面でも申請が可能です。

申請期限

サービス契約書面を受領した日から起算して8日以内に、初期契約解除申請書を端末一式に同梱の上、発送ください。

無制限WiFi端末を受け取った日から数えて8日以内に初期契約解除申請をすることになります。3月1日に商品が届いたら3月8日までに初期契約解除申請をしてください。

3月9日以降は初期契約解除申請ができなくなります。

発送日が申請期限を超過している場合、初期契約解除としてお受付できません。初期契約解除は8日以内と期限が短いので、期限を超えないようにご注意下さい。

サポートセンターが混雑していて電話に出ない場合があります。8日目に電話して電話に出てもらえなかったら、手続きができませんので余裕をもって申請をしましょう。

もし、電話に出ない日が続いたら初期契約解除申請書と端末を返却してしまいましょう。その際、必ず配送伝票の品名に「初期契約解除」と記入してください。

初期契約解除申請書

「初期契約解除申請書」を印刷したら以下の4つを記入します。

サービス契約書面に記載の契約ID
契約者名
契約電話番号
契約者住所

「サービス契約書面」とは、契約時に受け取った「ご契約の内容」と書かれた書面のことです。同書面の中央付近に書かれた「契約ID」を、初期契約解除申請書に記入します。

プリンターがなくて印刷できない場合は上記4つを真っ白な紙に記載して書面を作成します。。契約者が作成した申請書でも、初期契約解除の申請が可能です。

参考:初期契約解除申請書

返送物

・ご契約端末
・個装箱

付属品(USBケーブル/ストラップ/取扱説明書)の返却は任意となります。

絶対に返却しなければならないのが端末と箱です。これ以外のものにつきましては返却の義務はありません。

返送方法

「佐川急便」、「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれかで発送します。どの配送業者を選んでも良いです。

初期契約解除申請書と端末一式を無制限WiFi提供サポートセンターまでご返送ください。

※配達伝票の品名に「初期契約解除」と記載します。記載がない場合、期日内に初期契約解除として処理ができず、ご請求が発生する場合がありますので必ず伝票の品名には「初期契約解除」と記載します。

返送にかかる費用はお客様ご負担となります。 

返送先は無制限WiFiの提供会社が定める住所宛となります。

請求金額

初期契約解除で利用していなくても契約事務手数料 3,000円(税抜)が掛かります。初期費用の免除はできません。

初期契約解除の場合は月額料金の支払い義務はありません。もし既に月額料金などが請求されている場合、初期契約解除の処理完了後、ご返金のご案内書面をお送りいたします。

機器損害金

以下の場合、機器損害金がご請求となりますので、ご注意ください。

①申請書のみの申請
②返送物に欠品がある場合
③返送物が破損・故障していた場合

無制限WiFi端末が初期不要の場合は初期契約解除ではなく交換

無制限WiFiの「接続が不安定」「速度が遅い」「電源がすぐ切れる」などは端末の不具合による可能性もあります。端末が初期不良で調子が出ないこともあります。

この場合は端末の無償交換で改善されます。単純な端末故障なのに初期契約解除を利用しないようにしましょう。