無制限WiFiを契約する際に身分証明書(本人確認書類)は必須な会社と不要な会社に分かれます。

大きく分けて2つのパターンがあります。

・クレジットカード支払いは身分証不要だけど、口座振替は身分証必須
・クレジットカード支払いでも身分証必須

無制限WiFiは、本人確認書類の提出義務がない会社が多いです。

しかし、「未成年」「法人」「海外の方」のお申込みの場合はクレジットカード支払いでも本人確認書類が必要です。

本人確認書類によりお名前・生年月日・ご住所を確認させていただいております。

無制限WiFiでクレジットカード支払いはなぜ本人確認書類提出が不要?

Credit (クレジット) は日本語に訳すと「信用」という意味になります。利用者とカード発行会社の信用に基づいてこの仕組みは成り立っています。

クレジットカードを利用することは、カード会社から一定期間、信用を与えられているということです。

クレジットカードは、利用者の支払い額をカード会社が立て替えるサービスです。そのため、カードを発行する際は、必ず発行審査を行って申し込み者の信用力(クレジットスコア)を調査します。

クレジットカードを持っているということは、クレジットカード会社が定める信用をクリアしたということで信用があると言えます。

クレジットカード所有=信用できる人ということで、無制限WiFiの会社で改めて審査する必要もないのです。

また、クレジットカードは立て替えです。

1.消費者がクレジットカードでお店の商品を購入します。この時点では、お金のやり取りは発生していません。
2.クレジットカードを利用したという情報がカード会社へ届くと、カード会社はお店に対して購入代金を立替払いします。この際にお店からカード会社に対して加盟店手数料(決済手数料)が発生するため、実際には購入代金から手数料を差し引いた金額がお店へ支払われます。
3.最後に、消費者からカード会社へ、口座引き落としなどの方法で購入代金分の金額が支払われます。

つまり、無制限WiFi会社にはクレジットカード会社から立て替えでお金が入ってくるので回収できないリスクがありません。仮にユーザーが残高が空っぽでも直接的な被害はクレジットカード会社となり無関係なのです。

従ってクレジットカードの場合は、審査がありません。契約したら即日発送します。

無制限WiFiの口座振替は本人確認書類が必要?

顧客の口座残高がなければ引き落としで回収することができないため、無制限WiFiの会社はリスクを背負います。その為、口座振替は本人確認書類を提出させて信用があるか、過去にトラブルを起こしていないかなど調査します。

口座振替は、残高不足にならないようにお金が引き落とされる前に、指定口座にお金を入金しておくことが大切です。

銀行などの金融機関は、土日祝がお休みで、平日にしか口座に入金できません。引き落とし日が平日の水曜日なら前日の火曜日に。また、平日の月曜日なら土日を挟みますので、前週の金曜日に振り込みを完了させましょう。

そうすることで、引き落としを完了できないという事態を回避できます。

もし、残高不足で引き落としが実行できなかった場合、ほとんどの金融機関から連絡は来ませんが、無制限WiFi会社から催促の通知が来ます。

無制限WiFiで提出する身分証明書(本人確認書類)

本人確認書類ご注意
運転免許証公安委員会発行で有効期限内のもの (国際免許証を除く)
2012年4月1日以降に交付された顔写真付きの「運転経歴証明書」を含みます。
パスポート(日本国旅券)有効期限内、かつ現住所が記載されているもの
住民基本台帳カード(写真付のみ)有効期限内かつ、顔写真・住所・生年月日が記載されているものに限ります。
カードに記載されている内容と無制限Wi-Fiにお申し込みの住所・氏名・生年月日が一致しているものに限ります。
健康保険証有効期限内のもの

対象外となる本人確認書類

マイナンバーカード(個人番号カード)
身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳
特別永住者証明書
在留カード
公共料金領収証
住民票
届出避難場所証明書
行政機関発行の領収証

無制限WiFi本人確認書類提出の注意点

本人確認書類の写真の撮り方が間違っていると審査に通りません。

コピー画像を撮影したもの、不鮮明、全体が写っていない、小さすぎる等、確認が難しい場合は、再度ご提出いただく必要があります。

お申込内容と本人確認の内容が異なると無制限WiFi会社が判断した場合は、口座開設申込のお取消や口座を解約させていただきますのでご注意ください。

本人確認書類はお早めにお送りください。お申込日より所定の期間到着が確認できない場合、ご登録いただいた口座開設のお申込データを削除される場合があります。

以下の点は注意してください。有効期限内かつ鮮明に撮ることは共通点です。

運転免許証

・氏名、住所、生年月日が口座開設書類に記入したものと同一であることをご確認ください。
・裏面に記載のある場合は、裏面のコピーも併せてご提出ください。
・運転経歴証明書の場合は、2012年4月1日以降のものが有効です。

パスポート

・所持人記入欄のコピーも併せてご提出ください。
・氏名、住所、生年月日が口座開設書類に記入したものと同一であることをご確認ください。

住民基本台帳カード(顔写真あり)

・裏面に記載のある場合は、裏面のコピーも併せてご提出ください。
・氏名、住所、生年月日が口座開設書類に記入したものと同一であることをご確認ください。

健康保険証

・健康保険証を本人確認書類とする場合は、お届出いただく住所が記載されている、裏面のコピーも併せてお願いいたします。
・氏名、住所、生年月日が口座開設書類に記入したものと同じであることをご確認ください。