無制限WiFiには3つのランプがあります。それぞれのランプが点滅した時にはそれぞれ意味があります。

左側のWi-Fiランプが点滅した場合は、「電源がオンになった」「インターネットに接続中」などの意味があります。

真ん中の電波ランプが点滅した場合は、「電波がない」意味があります。

左側のバッテリーランプが点滅した場合は、「充電中は遅い点滅」「バッテリーが少なくなると速い点滅」の意味があります。

端末が点滅によりサインを出します。アクシデントなのかは、どのランプがどのくらいの時間点滅しているかによります。

無制限WiFiの点滅:WiFiランプ(左のランプ)

WiFiランプはWiFi接続の状態を表示しています。

WiFiランプは無制限WiFi端末の電源を入れると正常でも必ず点滅します。その為、電源ONで点滅してもそれは異常ではありません。

WiFiランプが点滅している間はインターネット接続中であることを意味します。無制限端末がインターネットに接続すれば
WiFiランプの点滅が止まります。

このWiFiランプ点滅の時、ルーターの管理画面(ブラウザで192.168.43.1)では、接続中〇〇%のまま進みません。

電源ONにしてからの点滅時間は30秒~60秒程度です。その間に電波を掴みます。電波を掴み終わると、電波ランプが一瞬光を放って点滅が止まります。これはインターネット接続できたの合図です。

その後はスマホやパソコンなどにネット接続中は電波ランプがずっと点灯しています。

電波ランプが点滅したまま何分経過しても止まらないことがあります。この場合は接続されるまで待つか、電源を落としてから入れ直すか、再起動をしましょう。

それでも治らないなら電源を落として10分経過してから電源を入れましょう。

エリア外は当然に点滅が止まりません。エリア内でも建物内にいて電波を拾いにくい場合は点滅が止まりません。端末の場所を移動しながら何度も試しましょう。

無制限WiFiの点滅:電波ランプ(真ん中のランプ)

電波ランプは無制限WiFi端末が掴んでいるWiFi電波の強さを表示します。

WiFi接続できている状態で電源ボタンを押すと電波ランプが光り電波の掴み具合の強さが表示されます。Wi-Fiランプ点滅中は不可です。

〇〇〇〇で電波はとても強い
〇〇〇●で電波はやや強い
〇〇●●で電波はやや弱い
〇●●●で電波は弱い

4つのランプが点灯したら一番電波が強い状態です。1つしか点灯しない場合は一番電波が弱い状況です。

電波ランプは通常は点灯していませんが、電波確認をする時に点きます。

電波ランプが点滅しているときは基本的にインターネット回線に接続するための電波回線に異常がある場合です。

無制限WiFiの点滅:バッテリーランプ(右のランプ)

バッテリーランプは無制限WiFi端末本体の電池残量を表示しています。

WiFi接続している状態で電源ボタンを押すと電池残量が表示されます。そうすると、バッテリーランプが光ります。

〇〇〇〇で電池残量がおよそ100%
〇〇〇●で電池残量がおよそ75%
〇〇●●で電池残量がおよそ50%
〇●●●で電池残量がおよそ25%

4段階でしか電池残量は表示されませんので正確なパーセントは出せません。その為、実際は90%でもおよそ100%となります。

その他にもバッテリーランプは端末のバッテリー周りの状態を表示します。

遅い点滅は、充電中はバッテリーランプが点滅します。充電中でもネット接続可能です。

早い点滅はバッテリーが少なくなるとバッテリーランプが速く点滅します。バッテリーがなくなるとネットができなくなるので充電をしましょう。

点灯(付きっぱなし)は充電完了しましたの意味です。

無制限WiFi端末の電波ランプとバッテリーランプには4つの小さなランプがある

電波ランプとバッテリーランプには確認ランプの下に4つの小さなランプがあります。これは無制限Wi-Fi端末の状態を細かく確認するためのインジケーターランプです。

真ん中の電波ランプは、電波状態を確認したときには確認ランプのWi-Fiと電波ランプが点灯します。現在の電波状態をランプの数で表しています。

4つなら非常に強い、3つでやや強い、2つならやや弱い、1つで弱いとなります。ランプが点かなければ電波を受信していないという状態です。

右側のバッテリーランプはバッテリー残量確認することができなす。

4つで100%、以下75%、50%、25%という意味になります。バッテリーが0%は電源が入りません。