無制限WiFiは、「接続台数5台まで」「届く範囲に限りがある」などの問題があります。

中継機を使うことで「接続台数が5台以上になる」「届く範囲が広くなる」などのメリットがあります。

中継器とは、無制限WiFi端末から飛んできた電波をキャッチし、離れたところにあるパソコンやスマートフォンなどへと、電波を中継してくれる周辺機器です。

中継機で足りない側面をカバーすることにより快適に利用することが可能となります。

近は、多くの機器でWi-Fiを利用するようになりました。

パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機などでインターネットに接続するのが当たり前の時代です。自宅のどこでも快適にWi-Fiが利用できるようにするために、中継器は欠かせない存在といえます。

無制限WiFi端末はIEEE 802.11n

無制限WiFi端末は、IEEE802.11n規格のルーターです。

IEEE 802.11nは100Mbps以上の更なる高速化をターゲットとした規格であり、2009年9月には標準化され、現在では標準的な技術として多くの対応製品が販売されています。

11nは、2.4GHz帯と5GHz帯の双方の周波数帯を使うことができるという特徴があります。しかし、無制限WiFi端末はこの5Ghzに対応していません。

つまりWi-Fi電波自体は5GHzでも使えるはずですが、端末の性能の問題で無制限WiFiでは11nを5GHzでは使えません。

2.4GHz帯の電波は、電子レンジなどさまざまな家電も利用しており、干渉し合って通信速度が遅くなったり不安定になったりする点はデメリットです。

その代わり、2.4GHz帯の電波は壁などの障害物があっても遠くまで届きやすい性質があり、Wi-Fiルーターと端末を違う部屋に設置している場合は有利といえるでしょう。

無制限WiFiどこまで電波が届く?中継機が必要?

無制限WiFiの「IEEE802.11n」の電波は何もないところで電波だけを飛ばしてみると11nの5GHzなら250m先でも安定して電波の受信ができます。

まったく障害物のない状況であれば、直線距離100mくらいなら通信が可能で最大250mでの通信に成功しています。

しかし、電波は障害物にぶつかると減衰しながら反射する性質があります。

ただし障害物の材質によって減衰率が異なります。また、電波は紙や木材などの材質なら、ある程度突き抜けることができます。

従って、木造の住宅なら1階から2階にまで電波が届きやすいと言えます。

それでも、1階から2階まで届くことは保証されません。途中に少しでも障害物があると極端に電波到達距離が落ちる特性があり、壁はおろか、ふすま1枚隔てただけでも電波の強度に影響があります。

つまり、住宅のつながりやすさは無制限WiFi端末の電波出力の問題ではなく、いかに障害物に電波の邪魔をさせないかが焦点となります。

同じ無制限WiFi端末を使用しても、鉄筋コンクリートのマンションと木造住宅とで利用できる距離が大きく変わってくるのは、このような電波の性質があるからです。

無制限WiFiに中継機を使うとどうなる?

中継機とは、WiFiの電波が弱い場合に設置することで、 WiFiを利用できる範囲を拡大させることができる機器です。

WiFiの電波は壁や障害物を通り抜ける度に弱くなります。この弱さを中継機で繋ぐことで強くすることができます。

別階の部屋や、四方を壁で囲まれた部屋ではネットの接続が途切れたり、通信速度が遅くなります。

中継機を中間地点に設置することで、弱くなる前にWi-Fiの電波をキャッチ・再発信し、これまでインターネットが繋がりにくかった部屋へWi-Fiの電波をしっかり届けてくれます。

無制限WiFi端末1台を家じゅうの部屋で快適に使うためには中継機が良い

無制限WiFi端末から離れた別階のキッチンや寝室、密閉性の高い浴室やトイレなどは、Wi-Fi電波が届きにくい場所となりますので通信品質の低下してしまいます。

中継機は、無制限WiFi端末から離れた場所のスマホやパソコンへWiFi電波を中継してくれます。

ご自宅のWiFi環境で電波が届きにくい場所があるなら、中継機を利用すれば家中どこに居ても快適な速度で動画やインターネットを楽しむことが可能です。

無制限WiFiの中継機は親機の性能に近いモノが良い

Wi-Fi中継器を選ぶ際、親機の性能に近いモノを選ぶと良いです。

Wi-Fi中継器やWi-Fiルーターには通信規格があります。どちらかがその規格に対応していないと十分に性能を発揮できない可能性があるので注意しましょう。

とくに、親機よりも性能が劣るWi-Fi中継器は、改善が見込めない可能性もあるので避けましょう。購入前に親機であるWi-Fiルーターの性能を確認しておきましょう。

無制限WiFiの中継機の設置方法

WiFi中継器には、コンセントに直接挿して使用するタイプと、ケーブルを介して接続する据え置きタイプがあります。

コンセント直挿しタイプは場所を取らないですが、製品やコンセントのタイプによっては、隣のポートに干渉する恐れがあります。

また、据え置きタイプは、コンセントから離れた場所にも設置しやすいのが魅力です。購入前に設置場所を計画しておきましょう。